11年落ち 12年落ち 13年落ち 下取り

11年落ち・12年落ち・13年落ちの下取りを検討しているあなたへ

 

結論から先に言うと、乗り出しから10年以上たった車の価値は”新車価格の数%〜約15%”程度です。

 

ただし、ランドクルーザーのような人気車種や走行距離が少ない場合はかなりの高額で売却することが可能です。

 

まずは、あなたの愛車の下取り価格を、以下の日産のサイトで確認してみてください。

 

 

※10年以上経過している車は表示されない場合もあります。

 

いかがでしょうか?
かなり”ざっくり”ですが、下取り車の相場がわかったかと思います。

 

10年過ぎると安い・・・あきらめていませんか?

 

下取りの安さに諦めている人

 

上記のシミュレータで「価格が表示されない」ケースが多いと思います。

 

やはり10年以上を過ぎると、車種にもよりますが、「数万円〜下手をすれば0円」の場合もあります。

 

「なんだ、じゃあ、あきらめるしかないのか・・・」

 

いえいえ! 諦めたらそこで試合終了ですよ!

 

一括査定サイトを利用して、下取りより”14万円高く”売った方法

 

11年落ちの車が好きな人

 

3年ほど前、私は11年落ちのエスティマ(※走行距離は12万キロ)に乗っていました。

 

タイミングベルトも交換していなかったので、修理代を支払うなら新車に乗り換えよう、とディーラーへ下取りへ・・

 

しかし結果は「5万円」・・・・

 

そのことを友人に話すと「できるだけたくさんの買取店へ見積請求をしたほうがいいよ」と一括査定サービスの使い方を教えてもらいました。

 

下取りは1社独占状態ですが、買取店はライバル店がひしめき合っているため、競争することで価格が”グン”とアップする仕組みです。

 

料金はすべて無料

 

見積や査定に興味はありました。
しかし、下取りと変わらない金額だったらどうしよう・・・と思いましたが、満足できなければ無理に車を売る必要はないため、ご安心を。

 

それと、あなたが”100%満足”いく結果とは断言できません。
ただ、金銭的なリスクがないため、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか?

 

私が利用した2つのオススメサイト

 

一括査定サイトを案内する人

 

※登録は2つでたった3分ほどです。もちろん無料なのでご安心ください。
私はこの2つのサイトで、下取りよりも12万円高く車を売ることに成功しました。

 

一括査定サイトの利用で、あなたの愛車の見積ができるだけ高くなれば幸いです。

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

カーセンサー

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する総合自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://carsensor.net/

 


 

 

 

車買取りと下取りの違いを解説!

 

11年落ちの車

 

下取りと車買取りの違いは、売ったお金を現金にすることができるかという点です。

 

下取りを利用した場合は新車を購入する代金の一部として使用されるため、手元に現金が残ることが無いという特徴があります。

 

新車を買う人は下取りでも構いませんが、これ以上車を購入する予定が無いというときは買取り店を利用してください。

 

下取りと買取り価格は異なる場合があるため、高く売りたいときは二つのサービスを利用して値段を比較しましょう。新車に買い替える場合でもできるだけ高く売って費用に充てる方が良いので、下取りと買取りのどちらが良いか利用する前に調べるようにしてください。

 

どちらを選択する場合でもお店ごとに提示される値段が異なるので、いくつかの店舗に見積り依頼をお願いする必要があります。一括見積りをしてくれるサイトがあるため、
どれくらいの値段を付けてくれるのか知りたいときは利用すると良いでしょう。

 

いくつかのお店の価格を見て平均的な値段を知ることにより、どちらのサービスがお得になるのか調べることが可能です。

 

もしできるだけ手間を少なくしたいという場合は、下取りを利用することをおすすめします。

 

車を購入するときに引き取ってもらえるサービスなので、他の会社を利用する手間を省くことができるようになっているのです。

 

 

複数の車買取業者に依頼するメリットとデメリットは?

 

最新のモデルである自動車を所有されている方の中には、現金化したいニーズもあり、その場合には車買取業者での買取を検討される方もいます。

 

買い替えをする場合、ディーラーに下取りして貰うよりも車買取業者に買取の依頼を行った方が高く買取価格を提示してくれることも多いため、
高い買取を希望される方はそれの方が優れています。

 

ただ車買取業者には幾つもの業者が存在し、同じ愛車でも査定によっては評価が分かれるのが一般的です。

 

そこで複数の業者に依頼するメリットは、出来る限り高い査定金額を提示してくれる業者を探すことができることとなります。

 

他にも現在は一括査定を行うことができるため、複数の業者に同じタイミングで簡単に査定に出すことにも優れています。

 

大体の概算の相場自体を理解することが可能なのも、大きなメリットです。

 

一方では複数の車買取業者に査定を依頼するデメリットは、連絡可能時間を設定するため、
その時間帯に次々と電話などがかかってくるため、その対応などに追われてしまう点があります。

 

日常的に働いているのが一般的ですので、忙しい時に遭遇すると面倒となってしまうことが多いです。

 

ただメールでのやりとりのみを希望できる様なシステムもあり、じっくり吟味して車買取業者を選択できる様になっており、
使い勝手も向上しています。

 

 

 

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる制度です。買取業者に査定依頼を出して、査定額が算出され立とします。本来、その金額で査定をしてもらって終わりですが、後に故障箇所や傷が見つかってしまうこともありますよね。そんな場合には、一度決定していたにもか変らず査定額が変更される可能性があります。個人売買だと問題が起こりやすいですが、車査定だとトラブルを心配しなくてすみます。個人売買のときには、車を納品したにも関わらず、代金を回収できなかったり、代金を支払ったのに車を明け渡してもらえないという問題が考えられます。売却後に車を買った人から苦情がくることも珍しくありません。自動車の売買契約後に買取金額が減額となってしまったり、クーリングオフが認められなかっ立というトラフルも頻繁に起こっています。契約書を細部まで読んでおかないと後から困るのは自分自身なので、面倒がらずに目を通して下さい。特に、キャンセル料の有無は大切なことなので、ちゃんと確認するようにしましょう。自動車を手放す際の選択肢には、ディーラー下取り、買取と呼ばれるものもあります。でも残念なことにディーラー下取りは、中古車買取業者に引き取って貰うよりも値段が安くなってしまう場合が珍しくありません。他には、オークションで売るという方法もあるのですが、手数料などが、損になる可能性も低くないというデメリットもあるのです。車査定で売却すればいいのか、あるいはまた、オークションで売るのがいいのか、迷っている方はいませんか?車をちょっとでも高額で売りたいのはオーナーとしては当たり前のことなので、このような悩みを抱いておられる方はたくさんいると思います。結論から言うと、希少価値が高い車であるのならば、オークションで車を売却する方が高く売れるということかも知れません。少しでも高い査定額にするためにも、他の車と比べて特別に惹きつけるところがある場合には良いところなので隠さずに交渉の材料にしていきたいものです。必要以上のしつこさで迫ってしまうと、逆効果になってしまっては元も子もないでしょうので気を付けましょう。また、決算時期を狙うというやり方もありますし、一括査定ホームページで査定をすると査定額が少し上がるかも知れません。車の価格を調べるときには社外パーツを付けている車は一般的に評価が下がってしまうのでメーカーのパーツに戻すようにして下さい。ただし、メーカーのパーツに戻すのに工事の費用がかかるときは、上乗せ額よりも工事費の方が高くつく確率が高いため触らずに今のまま出しちゃったほうがよろしいかと思います。車の価値だけをしりたい場合は、相場情報ホームページの利用はどうでしょうか?実際の査定ではないので、きちんとした金額をしることはできませんが、同じ車種についての買取相場が把握できます。しかも、スマートフォンを使える場合は、個人情報を入力しないアプリを探して利用するという方法もあります。マイカーを売るときに気になることといえば動作しなくても買い取って貰えるのかと言う話です。聞いたことのあるような店ではありえないかも知れませんが、このところ車を構成する部品は注目されていてワールドワイドに輸出されているんです。そんなこともあって、動作不全の車でも買取が成立することがあります。二重査定制度というのは中古車取扱業者においては都合が良いものでありますが、利用者においては非常に不利な制度です。悪質な業者に当たると、巧みに二重査定制度を利用して、すごく査定額を下げるリスクもあります。二重査定制度で発生する問題を防ぐためにも、契約時には事前に契約書をきちんと確認すること、査定の際に車の状態を明瞭に伝えることが大事です。私はこれまでに乗用車の買取を依頼したことがあります。私ではなくてとも、売り手の多くは高く買い取って欲しいと思うはずです。そのためには車関係の雑誌やネットの買取査定サービスなどを利用して、よく買取価格の相場を調べておくことが重要だと思います。その結果、高く買い取ってくれる可能性が上昇すると思います。新しければ新しい年式のものほど査定額は高くなるものですし、上のグレードであるものほど査定額も高くなるでしょう。車種の色も査定のチェックポイントで、無難な白や黒、シルバーなどが人気となっています。自動車の購入時には、やがて売ることを考えて人気のありそうなカラーの車を買うというのも良いのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

【関連サイトについて】

 

ムーヴ買取は大阪市で!【※高額希望】