今乗っている自分の車を査定してもらったらどうなる?!

今乗っている自分の車を査定してもらったら、査定額はいくらになるか知っておきたい場合に大変重宝するのが、ネットにつながっているパソコンか、スマホでアクセス可能な車査定サイトでしょう。


しかしながら、車査定サイトの大半において個人情報、しかも電話番号や住所まで入力し、明らかにすることが必須であり、それなしでは利用できません。


そういった点が不安な人は、数えるほどしか存在しませんが、個人情報の入力をしなくても査定額を提示してくれるところもありますから、そういったサイトを使ってみるのがお勧めです。

車査定の情報も、最近はネット上でたくさん見られるのが当たり前になっていますから、車査定の前にチェックが必要なことも十分な量の情報を手にすることができるでしょう。

年式や走行距離の確認、外装、内装、エンジン周りの状況、純正部品の状況や査定に必要な書類など、査定で何をもとめられるか確認し、事前にできることを終えてから、売却に取りかかりましょう。


もっとも、部品交換や修理にかかる費用を考えて、余計な手間をかけない方が結果的に無駄にならなくて済むこともあります。買取にまつわる詐欺被害も起きているので気を付けてください。



他社とくらべて高額な査定金額を提示し、契約させておいて、なんだかんだとゴネて当初の提示額よりも大幅に低い額で買い取ろうとしてきます。



あまりに低額なので買取を断ろうとすると、今は車はここにはないなどと言い、運送料、保管料などの訳で支払いを要求してくる手口もあるようです。また、車のうけ渡しを済ませたにも関わらず買取代金の振込がないという詐欺事例もあります。愛車を高く売るためにはどうしたらよいのでしょうか。推奨する方法に同時査定であれば高い査定額を期待できるでしょう。



一括査定サイトなどから愛車の査定を多数の業者から同じ時刻にうけ、買取額を競わせて、比較するのです。


たとえばオークション形式にしてみれば、より高値を付けてもらえるかもしれません。


持ちろん、必要な重要書類をあらかじめ揃えておき、その場で契約成立できるようにしておくこともポイントです。車の買い換えをすることになった時、専門の買い取り業者を利用する人が多くなってきているようです。

ところで一つ気にしておきたいことがあり、車の事故歴、修理歴を相手の業者に伝えないでいるとどうなるか、ということです。

車の売却時、業者と契約書を交わしますが、そこに買取査定規約がけい載されていて、車の事故歴について、それを把握している場合はそのことを申告する義務について記されています。この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時には、売買契約を済ませた後でも先方からの事後減額要求が通ることになりますから、事故歴は下手に隠さない方がいいです。


情けない話ですが、これまでに交通事故を何回か起こしています。破損がひどく、自走が困難な場合にはそのままではどうしようもないので、レッカー車で動かなくなった車を移動してもらいます。




そのアト、たいしたお金にはなりませんが、この事故車を近所にある買い取り専門業者に買ってもらいます。



廃車にする事も考えたのですが、その場合も意外と、お金が必要ですから、自走が困難な事故車にまで値段をつけてくれる車買取業者があって、良かったと感じています。ローンの返済中ですが、車がローンの担保になっています。




つまり、こうしたローン返済中の車を売る時には、残った債務を清算し、ご自身が車の所有者にならなければなりません。


複雑そうに感じますが、実際には多くの車買取業者が、売却時に買取額からローン分を立て替えて完済してくれますし、所有権を移す作業も業者が行ってくれます。


ですから、売却額とローン残債分との差額を買取業者に清算するか、もしくは、クルマの売却額がローン分を上回れば現金をうけ取る事も出来ます。

親世帯と同居することになったので8年間乗ってきた車を買い替えたときのことです。




古い車は下取りして貰うことになったのですが、買い換え自体初めてだったので、提示された見積書の数字のまま、即決してしまったのです。その後、同期の友人に「そんな安いはずないだろ」と言われ、中古車買取業者を利用したほうが良かったのではないかといまさらながらに後悔したものでした。


 

>>11年落ち・12年落ち・13年落ちの下取り【※高く売る!】へ戻る